2017.3 陽光のSEVILLA


セビージャでのレコーディング




 素晴らしいお天気の中、3日間セビージャのスペイン広場近くのホテルに滞在し、ここから徒歩6分で行けるマリア・ルイサ公園内にあるJuventudes Musicales de Sevillaのショパンサロンで、名ギタリストで作曲家のホセ・マリア・ガジャルドさんの作品をピアノでレコーディングしてきました。ここは数年前にもコンサートで出演したことがある会場で、その時と同じYAMAHAのピアノとの再会も嬉しいものでした。朝食後にいざ出陣とばかりにホールへゆっくり向かい、ひとしきり手慣らしをした頃、エンジニアのホセ・ルイスさんとホセ・マリアさんも到着。リラックスした雰囲気の中、作曲家自ら熱心に曲についてのアドバイスも頂きながら、全14曲を録音をすることができました。午後は鳥がさえずりを聞きながらパティオでランチ。まるで初夏のように太陽が照りつけて気温も上がり、赤ワインを炭酸で割ったティント・デ・ベラノをいただくと気分も上昇、実質2日ほどで録音は終わりました。
 音楽の都、セビージャでのレコーディングができたことに加え、午後からの自由時間には友人に会ったり、旧市街を散策したりと、充実した夢のように楽しいひとときを過ごすことができました。ギターで弾いても美しい作品ばかりですが、ピアノで演奏しても、また別の魅力を楽しむことができるものと思います。このレコーディングの成果は秋のホセ・マリア・ガジャルドさん来日公演の際、CDとしてお披露目できることになると思いますので、どうかご期待ください。

上:セビーリャでのレコーディング時の映像「ロルカ組曲」よりトランプの王様
下:2016.12.7豊洲シビックホールでのコンサートで「カルフォルニア組曲」を初演した際のリハーサル映像


2017.10.1 CDリリース記念 ホセ マリアガジャルド 来日コンサート 決定!