アルハンブラの想い出
Recuerdos de la Alhambra

PC-CD051 (C)(P)PLECTRUM 2001 ¥2570


CD-Alhambra.jpg


"アルハンブラの想い出"
ギターとピアノ デュオ スペイン音楽選集
 手塚健旨(G)&高木洋子(P)

  1. アルハンブラの想い出(F.ターレガ - 井上勝仁編)
  2. トリオハ長調 RV82 - 1.アレグロ・ノン・モルト(A.ヴィバルディ - 井上勝仁編)
  3. - 2.ラルゲット
  4. - 3.アレグロ
  5. ソナタ - 1.レント(M.A.チェルビート)*
  6. - 2.レント・プロフンド*
  7. ソナティナ - 1.アレグレット(F.モレーノ=トローバ)
  8. - 2.アンダンテ
  9. - 3.アレグロ
  10. 3つのスペイン舞曲 - 第3番(E.グラナドス)
  11. - 第4番
  12. - 第10番

      ( *奏者への献呈作品)


Recuerdos de la Alhambra
Guitar & Piano

  1. Recuerdos de la Alhambra (F.Tarrega - K.Inoue)
  2. Trio en Do Mayor -1.Allegro non molto(A.Vivaldi - K.Inoue)
  3. -2.Larghetto
  4. -3.Allegro
  5. Sonata - 1.Lento(M.A.Cherubito)*
  6. - 2.Lento Profundo*
  7. Sonatina - 1. Allegretto(F.Moreno=Torroba)
  8. - 2.Andante
  9. - 3.Allegro
  10. Danzas Espanolas - Danza No.3(E.Granados)
  11. - Danza No.4
  12. - Danza No.10

        (*Dedicado a Takeshi Tezuka y Yoko Takaki)

CDデーター

会場:スタジオTalkback <Madrid.2001.5.7(5-9) y 2002.5.6(6)>
Lugar:Talkback(Madrid)

CDリーフレット コメント

「上品でデリケートなピアノと透明で変化に富むギターの融合」

 私たちは様々なステージで、手塚健旨と高木洋子によるギターとピアノのデュエットの演奏を拝聴してきました。この素晴らしいデュエットは、お互いの楽器の性質が異なるにもかかわらず、ギターとピアノの本質を的確にとらえ、いつも私たちを満足させてくれます。ピアノの交響楽的な響きとギターの特徴的で変化に富む音色を巧みに組み合わせ、見事な演奏を築き上げ、私たちを感動させてくれるのです。
 それは勿論、この素晴らしい音楽芸術を獲得するための優れたテクニックを、両者が持ち合わせているからに他なりません。今回、上品でデリケートなピアノを歌いあげるヨーコ・タカキと、透明で豊かな音を醸し出すギターのタケシ・テズカによるCDを聴き、そのことを強く感じた次第です。
                         クエンカ兄弟

Hemos tenido el gran placer de oir, en diversas ocasiones,
al duo de guitarra y piano formado por TAKESHI TEZUCA y YOKO TAKAKI y,ciertamente, nos ha gratificado y corroborado una vez mas que, a pesar de las diferencias naturales que en principio caracterizan a ambos instrumentos, este magnifico duo es capaz de aprovechar las esencias propias del piano y de la guitarra, asi como las capacidades sonoras y sinfonicas del primero y las peculiaridades timbricas y expresivas del segundo, para llegar a constituir un todo sonoro genuino, magico, fantastico. , que nos conduce a una bella unica y extraordinaria.

No cabe duda que, para lograr este maravilloso resultado
artistico-musica, hay que disponer de interpretes de excelente calidad tecnica e interpretativa, como queda de manifiesto en esta ocasion y en donde tenemos la oportunidad de escuchar una combinacion genial: Elegancia y delicadeza en la pulsacion del piano de YOKO TAKAKI, y la claridad timbrica y sonora de la guitarra de TAKESHI TEZUKA.

HEMANOS CUENCA

プレス

現代ギター誌 紹介記事より
P-Alhambra.jpg

Message from YOKO

タイトルは超有名なギターの名曲「アランブラの想い出」ですが、すべての曲目がギターとピアノのためのデュオ作品です。
特に「アランブラの想い出」と「トリオ・ハ長調」は、作曲家、井上勝仁さんの編曲で、たいへん趣向をこらしたものです。

アルゼンチン人の作曲家、チェルビートさんの「ソナタ」は、私たちに捧げて頂いた作品。これは一聴すると、なんとも複雑で難しい曲に感じるかもしれません。でも、何度も聴くうちに、美しいメロディー、叙情的で繊細な感情を感じ、最後のフィナーレでは、なんとも甘美でせつなげな響きが胸に残るのではないでしょうか。
何年も前に弾いたものを、今こうしてCDとして聴くと、自分としては、まだまだ表現しきれてない部分もあったかと思いますが(どの録音でもそうですが、、)、やはりその時どきの想いのたけをこめて弾いていたことを思い出します。又、この曲もまたいつかコンサートで再度取り上げる機会があることを願っています。

他、モレーノ=トローバの「ソナティナ」も大変美しく大好きな曲です。この編曲は作曲者自身の版ですが、ピアノとギターのちょうど良いバランスで書かれていると思います。グラナドスの「3つのスペイン舞曲」は、自分達で編曲しました。やはり、この曲のオリジナルは、ピアノソロ作品ですが、ギターの響きが入ることによって、いっそうスペイン的な魅力が際立つのではないでしょうか。

ギター誌の紹介記事には「ジャケットが〜」と最後に書かれていますが(笑)、表紙のアランブラの絵は私が書いたものなので、地味ながら、気に入ってます。

このCDも残数僅かとなりました。お求めは、私までメッセージ下さい。ご希望の方には、手塚さんとのサイン入りでお送りさせて頂きます。

 ♪こちらでご紹介したCD、DVDなどCDショップやコンサート会場で、お求め頂けます。
 直接送付をご希望の方は、FORM AMIGOSまでお気軽にメッセージください。在庫があるものは、送料無料でお届けします。